エアコン・浴室・換気扇などの専門のハウスクリーニングの紹介や自分でできるお掃除の方法や裏技も!

ウチキレ|おうちをキレイに!お掃除の情報サイト

お風呂掃除

浴室をナチュラルクリーニングでお掃除!エコ洗剤の重曹・クエン酸どっちを使えばいい?

重曹とクエン酸
浴室のお掃除もエコ洗剤を使いたいとお考えですか?それなら重曹クエン酸が環境や手肌にも優しくておすすめです。

浴室の汚れは皮脂や湯垢といった酸性の汚れ、水垢やカルキ汚れなどのアルカリ性の汚れが混在しています。

ポイント

重曹は酸性の汚れを中和して落としたり研磨効果で汚れを取り除いたりすることができます。

クエン酸はこびりついた水垢やカルキ汚れをやわらかくして落とす性質があるんです。

今回は汚れのタイプやお掃除箇所によって重曹とクエン酸のどちらをどうやって使うのかをガイドしていきます!

重曹とクエン酸を使を使い分けて落とす浴室の汚れ

ナチュラルクリーニングに欠かせない重曹とクエン酸はそれぞれの特性を知っておくと効率よくお掃除することができますヨ。

重曹はアルカリ性の性質があるため、皮脂よごれ、油汚れ、手あか、食べこぼし、血液の汚れなど酸性に傾く汚れを中和して落とすのが得意です。

また重曹は研磨作用があるため、浴槽内の湯あかや風呂椅子や手桶などに付いた汚れをこすり落とす時にも便利に使えます。

 

クエン酸は、石けんカス、水あか(水道水のカルキ汚れ)、アンモニア臭などアルカリ性に傾く汚れに効果を発揮します。

浴室内では蛇口や鏡についた水あかを取り除く効果が期待できますよ。

 

続いて重曹・クエン酸を使った詳しい浴室の汚れ落としの方法を紹介していきます!

重曹を使って落とす浴室の汚れ

アルカリ性の汚れか酸性の汚れか分らない時やどちらを使うか迷った時はまずは重曹を使ってみると良いでしょう。

【重曹1:水2】の割合で重曹ペーストを作っておくと浴室以外のお掃除にも使えて便利です。スポンジやブラシにとってゴシゴシ汚れをこすっていきましょう。

重曹ペースト
重曹は石けんと同じアルカリ性なのでほとんどの汚れを落とすことができます。

また、重曹には穏やかな研磨作用があるため浴槽、洗面器、風呂椅子などにこびりついた汚れにも対応できるんですよ。

万能に使える重曹にも注意点があります。重曹にはアルミを変色させる作用があることを覚えて置いてください。

アルミたわしや表面がアルミで加工されているスポンジは変色や加工はがれの原因になることがあるのでご注意くださいね。

浴室全体をまず重曹できれいに

お風呂掃除中

まずは浴室全体の汚れを重曹できれいに落としていきましょう。

重曹を直接ブラシやスポンジにつけてもポロポロこぼれてしまって上手く洗えないかもしれませんが、重曹ペーストなら多少粘度があるので汚れに馴染みやすいですし、水を足して浴室の壁や床に塗るようにして掃除をすることもできます。

ブラシやスポンジで小さな円を描くように手を動かしていきましょう。

お風呂の棚、椅子、洗面器、シャンプーボトルなども重曹ペーストが活躍します。

カビが発生してしまったタイルの目地や排水溝のピンク汚れは古歯ブラシがおすすめ。重曹ペーストをつけて細かな溝まできれいにしていきましょう。

 

重曹ペーストを用意するのが面倒な時は、石けんで浴室全体を洗っていきましょう。スポンジやブラシに石けんを塗って適度に水を含ませてゴシゴシこすっていき、石けんの泡の上に直接重曹を振りかければOK。

重曹の粒子はクレンザーよりも軟らかいためクレンザーよりもキズの心配はありませんが、素材によっては細かなキズがついてしまうことがあります。
目立たないところで試す、強くこすり過ぎない、やわらかいスポンジを選ぶといった工夫がポイントです。

クエン酸を使って落とす浴室の汚れ

クエン酸は石けんカスや水道水のカルキ汚れといったアルカリ性の汚れを落とすのが得意です。
石けんカスと聞いてもピンと来ない方もいるかもしれませんね。

石けんかすは浴室のタイルや風呂椅子などについた白い汚れで、石けん成分と水道水に含まれるミネラル(カルシウム、マグネシウム等)がくっついて脂肪酸カルシウムや脂肪酸マグネシウムに変質したもの。

浴室のカルキ汚れや石鹸カスの汚れ
付いたばかりの石けんカスはさっとこすり洗いするだけで取れます。

しかし、何年もお手入れしていない鏡やステンレスに付着した白い化石のようにこびりついた汚れは落としにくくなって、さらに汚れが溜まっていくという悪循環に陥ってしまうことも。

クエン酸はそんな頑固な石けんカスやカルキ汚れを落とすことができるのです。

がっちりこびりついた汚れは一度のお手入れでは取り除けないこともありますが、そんな時は何回かに分けお手入れを繰り返すと新品のようにきれいにすることはできます。
クエン酸を使ったお掃除の手順をマスターしておきましょう!

 

クエン酸を使うのは洗っても落ちないピンポイントのアルカリ性の汚れ

まずはクエン酸水スプレーを準備します。
・水200ml
・クエン酸小さじ1
をスプレーボトルに入れてよく振って溶かしておきましょう。

クエン酸スプレー

クエン酸もスプレーボトルも100円ショップで購入することができます。

金属の部品が使われているスプレーボトルはクエン酸の酸によって腐食してしまう可能性があるのでプラスチック製がおすすめ!

100円ショップの店舗によっては掃除用具コーナーにすぐに使えるスプレーボトル入りのクエン酸があります。手軽に試したいという方にぴったりですね。

ポイント

軽い石けんカスや水道水のカルキ汚れならクエン酸スプレーを吹きかけてスポンジでこするだけで取り除くことができますが時間が経って頑固にこびりついてしまった石けんカスやカルキ汚れにはクエン酸水パックがおすすめです。

クエン酸水パックの手順

  • キッチンペーパーや古布にクエン酸水を染み込ませる
  • 汚れにクエン酸水を染み込ませたキッチンペーパーや古布を乗せる
  • さらに上からラップで覆って乾燥を防ぐ
  • 2時間から一晩パックをしてスポンジでこする
  • すすぎ流して完了!

お風呂の鏡や窓、水栓のステンレス部分にこびりついた石けんカスやカルキ汚れはクエン酸水パックが効果を発揮します。

ラップだと浮いてしまったりサイズ調節が難しかったりするということがあるかもしれません。その場合は少し厚みのあるポリ袋がおすすめ。

ラップよりも厚さがあって密着しやすいですし、ラップよりもハサミでカットして使いやすいという利点がありますよ。

シャワーヘッドが水あかで詰まっている場合は、ヘッドを分解してクエン酸水を張った洗面器やバケツにつけ置きしておきましょう。

この時、手桶やお風呂おもちゃも一緒につけ置きしておけば余計な手間がかかりません。

シャワーヘッドの目詰まりはクエン酸水につけ置きした後、爪楊枝や目打ちなどで汚れをかきだしましょう。

排水口は重曹とクエン酸の合わせ技が効果的

ぬるぬるした汚れが付着しているお風呂の排水溝は、重曹とクエン酸の合わせ技が効果を発揮します。

重曹にクエン酸を加えて水を混ぜると二酸化炭素が発生し炭酸水のようにブクブクと発泡が始まります。発泡する時に汚れを浮かび上がらせるので排水溝のぬめりも一緒に取り除くことができるのです。

重曹とクエン酸で排水溝の汚れを取り除く方法

  • 重曹100g、クエン酸50g(重曹1;クエン酸0.5の比率)を用意する
  • 排水溝トラップを外して髪の毛などを取り除く
  • 排水溝に重曹、クエン酸を入れる
  • コップ1杯(約200ml)のお湯をかける
  • 発泡が収まって5~10分ほどしたら洗い流す

ガスが発生して危険ではないの?という質問がありますが重曹とクエン酸は化学反応で二酸化炭素が発生するだけなので危険性はありません。

しかし頑固な汚れを落とそうとして大量の重曹とクエン酸を使用すると二酸化炭素の濃度が濃くなりすぎて気分が悪くなってしまう心配があります。

汚れがひどい時は一度に大量の重曹とクエン酸を使うのではなく、何回かに分けてお掃除をするようにしてくださいね。

 

重曹とクエン酸の使い分け方まとめ

ナチュラルクリーニングをするなら重曹クエン酸を用意しましょう。重曹とクエン酸があれば浴室のお掃除はもちろん家中のお掃除に役に立ちますよ。

重曹は同じアルカリ性の石けんと相性バツグン!石けんでは落ちにくい汚れには重曹を加えれば泡立ちがアップしますし、穏やかな研磨作用でこびりついた湯垢などの汚れを取り除く効果も期待できるんですよ。

クエン酸はお風呂の鏡やステンレスについた水垢や水道水のミネラル成分(カルキやカルシウム)を落とすのが得意。うろこ汚れ専用の研磨剤やスポンジも売られていますが、コスパや利便性を考えるとクエン酸をおすすめします。

ぜひ環境や手肌に優しいナチュラルクリーニングで浴室をきれいにお掃除してくださいね!

キレイな浴室
浴室クリーニング業者の料金相場|安い料金のお風呂掃除で人気!評判の良いハウスクリーニング

浴室はカビやピンク汚れ、石けんカスや皮脂汚れなど水回り特有の性質の違う汚れが多い箇所です。 汚れに合わせて洗剤を選んだり、混ぜると危険な洗剤の知識も必要ですから、自分でお風呂掃除をするのはとても大変で ...

続きを見る

お風呂掃除をする人

-お風呂掃除

Copyright© ウチキレ|おうちをキレイに!お掃除の情報サイト , 2020 All Rights Reserved.